「長く愛用できる」

羽毛布団の選び方

羽毛布団の選び方

羽毛布団は安いと1万円台、高いものは100万円以上するものもあります。

中身が見れないことから、「どれも同じように見えるのにどうしてこんなに値段が違うの...?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

以前、お客様からこのようなご相談をいただいたことがあります。

TVショッピングで買った羽毛布団が3年経ったらボリュームがなくなり、寒く感じるようになってきた。メンテナンスをして元の状態に戻すことはできないか?

残念ですが、もともと質の悪い(成熟していない)ダウンがつぶれてしまった場合、元に戻すことはできません。

購入前にしっかりとした知識を身につけて・・・と言いたい所ですが、羽毛の専門家になるわけではないので、そんなに時間をかけて勉強することもできないですよね。

このページでは、数年毎に買い替えを繰り返す人を一人でも減らすため、「長く愛用できる羽毛布団を選ぶ5つのポイント」をギュッと凝縮してお伝えします。

読むのが早い方は5分程度の時間でこのような羽毛布団選びに役立つ知識が身につきます。

  • 品質表示の読み解き方
  • 羽毛布団に値段の差が出る理由
  • 長く使える羽毛布団の特徴
羽毛布団選び5つのチェックポイント【目次】

1「ダウン率」を見よう
ダウンとフェザーの違いは?

ダウンとフェザーの違い
1羽から取れるダウンはわずか。

羽毛布団の中身は大きく「羽毛(ダウン)」「羽根(フェザー)」に分かれています。

スモールフェザーって?

スモールフェザーとは、腹部に生えている小さなフェザーのことです。羽根部分に生えているフェザーよりも芯が小さいため、カサカサ感は軽減されますが、ダウンの軽さや暖かさには及びません。

羽毛布団に「軽くてあたたかい」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、これは「ダウン」の特徴。

JIS規格では、ダウンがどのくらい入っているかによって、「羽毛布団」と呼ぶか「羽根布団」と呼ぶかを明確に区別しています。

羽毛布団と羽根布団の違い
羽毛布団 羽根布団
「ダウン」が50%以上
(フェザーが50%未満)
「ダウン」が50%未満
(フェザーが50%以上)

これまで羽毛布団と思って使ってきたのが羽根布団だったと知ってびっくりしました。

フェザーの保温性はダウンと比べて大きく劣りますので、良質な羽毛布団ほどダウンが多く使われます。羽毛布団にどのくらいダウンが使われているかを表すのが「ダウン率」です。

ダウンは水鳥の胸毛の部分にわずかに生えているだけで、1羽あたり10g程度しか取れません。フェザーと比べて手に入りづらいため、ダウン率が高い羽毛布団ほど値段も高くなります。

たまに見かける「スモールフェザー100%の高級羽根布団」という表記に騙されないようにしてください。

表記上はダウン率が50%以上あれば羽毛布団と呼ぶことができますが、羽毛布団の本当の良さを実感するには、ダウン率90%以上は必要です。

ポイント 1.

軽さや暖かさを求めるならダウン率90%以上の羽毛布団を選ぼう。

2「ダウンパワー」で判断しよう
ダックとグースはどちらが良い?

羽毛布団に使われる鳥の種類は「ダック(Duck/アヒル)」「グース(Goose/ガチョウ)」の2種類です。

一般的にダックよりもグースの方が良いとされる理由は、ダックよりもグースの方が体が大きいから。体が大きい分、ダウンボールも大きくなり、より丈夫で暖かい羽毛布団を作ることができます。

ダックとグースの違い
ダックとグースの違いは体の大きさ

ただし、若くて未成熟なグースよりも、長期間飼育された大人のダックの方がダウンボールは大きくなります。大事なのはダックかグースかではなく、「実際のダウンボールの大きさ」です。ダウンボールの大きさは外から見てもわからないため、「ダウンパワー」の数値で推測するしかありません。

ダウンパワー(dp)とは

ダウンパワーとは、羽毛のふくらむ力を数値化したものです。ふくらみが大きいほど空気をたくさん含んで暖かくなりますので、ダウンパワーが大きいほど高品質な羽毛と言えます。

親鳥になるまで飼育されたグースは「マザーグース」と呼ばれます。もともと大きなグースが長い期間をかけて成長しているため、マザーグースのダウンボールは格別に大きく、一級品です。

マザーグースのダウンボール
拡大したマザーグースのダウンボール

ダウンボールが大きく育つためには、大人の鳥になるまで成長を待つ必要があります。時間も餌代などのコストもかかりますので、その分が製品価格に反映されます。

同じダウン率なのに値段が全然違うことがあるのは、ダウンの大きさで暖かさに差が出るからなのね。

近年、ダウン製品の需要が世界的に高まっており、良質なダウンの仕入れ値は年々高騰しています。それにつれて羽毛布団の価格も高くなっていかないとおかしいのですが、そうはなっていません。なぜでしょうか?

世界的な羽毛原料の高騰

2016年〜2018年の間に羽毛の原料価格は約2.5倍も値上がりしました。

ひな鳥から採れる未熟なダウンも、大人の鳥の成熟したダウンも、品質表示上は同じ「ダウン」です。

製品価格を抑えるために未成熟でへたりやすいダウンを使用した羽毛布団が増えています。小さくて未熟なダウンは、数年でつぶれて使い物にならなくなりますので、注意が必要です。

何度も買い替えるより、良質な羽毛布団をメンテナンスしながら長く使う方が、10年単位で考えるとリーズナブルなこともあります。

ポイント 2.

ダックかグースかよりも大事な「ダウンボールの大きさ」はダウンパワーで判断する。飼育期間の長いマザーグースは暖かさも丈夫さも一級品。

3「清浄度」を必ず確認しよう
臭いはしないか?

羽毛布団は臭いがして当たり前と思っている方も多いのですが、そんなことはありません。きちんと洗浄にコストをかけている羽毛布団は臭いません。

汚れが残ったままのダウンボールは開きづらいため、いかにキレイに洗浄できるかは、衛生面だけでなく羽毛布団の性能の良し悪しに影響するポイント。それを数値で確認できるのが「清浄度」です。

清浄度
羽毛布団の清浄度とは

羽毛布団の清浄度とは、「羽毛がどれだけキレイに洗浄されているか」を表す、JIS規格で定められた数値のことです。洗浄度とも呼ばれます。

洗浄後の羽毛の汚れを溶かした水を透視度計に入れ、底の目印がどのくらいの深さまで見えるかを測ります。この透明度が500mmというのが、日本の業界基準です。

透視度計
清浄度を測る透視度計

500mmという数字を最低基準にして、どのくらい洗浄に力を入れている羽毛布団なのかを確認することがおすすめです。例えば和雲は業界基準の4倍の透明度2000mmになるまで洗浄しています。

清浄度の比較
JIS基準 和雲
500mm以上 2000mm以上

良質な羽毛布団づくりをしているメーカーは、必ず清浄度の検査をしています。

羽毛布団を選ぶときは、ダウン率やダウンパワーだけでなく、清浄度の数値も必ず確認するようにしてください。

ポイント 3.

性能にも影響する羽毛の清潔さは、清浄度の数値で必ず確認する。

4「側生地」の素材と通気性が命
蒸れやすくないか?

もし羽毛布団選びで一番大事なものを一つだけ挙げろと言われたら、それは「側生地(がわきじ)」です。

え、羽毛布団なのに羽毛よりも生地が大事ってどういうこと?

ダウンは空気をたくさん出し入れすることでその良さを発揮します。

通気性の悪い側生地を使うと、ダウンの呼吸を邪魔してしまいます。空気が生地を通して中のダウンに届かなくては、どれだけ良いダウンを使っても意味がありません

特に、ポリエステルを使った生地でダウンプルーフ加工を行うと極端に通気性が悪くなります。羽毛布団の側生地は綿100%が鉄則と言われるのはそういう理由です。

羽毛布団の側生地に適した超長綿
羽毛布団の側生地に適した超長綿

綿の中でも「超長綿」と呼ばれる繊維の長い綿は、非常に軽くて吸放湿性が高く、しかも丈夫。

超長綿は羽毛布団に最も適した素材のため、一定以上の品質の羽毛布団には超長綿が使われます。全綿花の1.7%程度しか収穫されないため希少ですが、寝心地と丈夫さを重視するなら一番おすすめの素材です。

羽毛布団の買い替え理由

羽毛布団の買い替え理由で多いのが「側生地が破れた」というもの。羽毛よりも生地の方が早く寿命がきますので、丈夫で長持ちする超長綿を選びましょう。

ひと昔前は羽毛布団の側生地といえば綿でしたが、近年の羽毛価格の高騰を受けて、側生地を綿100%からポリエステル混にダウングレードするメーカーが増えています。

「蒸れにくい」ことが利点のはずの羽毛布団で、側生地の素材のせいで「羽毛布団は蒸れる」という誤解が拡がりつつあるのはとても残念です。

側生地まで見て購入する消費者はほとんどいません。側生地は真っ先にコスト削減の対象になります。せっかく良いダウンを買うなら、側生地の質にもこだわりましょう。

ポイント 4.

側生地は綿100%が鉄則。できれば丈夫で軽い超長綿を選ぼう。

5「品質の目安」を知ろう
ラベルがあれば安心?

ゴールドラベルとは、羽毛布団の業界団体である日本羽毛製品協同組合が審査・発行している品質推奨ラベルです。

メーカーから独立した公的な認定試験機関で品質審査をするため信頼度は高いのですが、「ゴールドラベル=高品質」というわけではありません。

ゴールドラベルには4つのランクがあり、品質面からおすすめできるのは「ロイヤルゴールドラベル」「プレミアムゴールドラベル」の2つです。

ゴールドラベルの違いと品質の目安
ニュー
ゴールドラベル
エクセル
ゴールドラベル
ロイヤル
ゴールドラベル
プレミアム
ゴールドラベル
ニューゴールドラベル エクセルゴールドラベル ロイヤルゴールドラベル プレミアムゴールドラベル
ダウンパワー
300dp以上
ダウンパワー
350dp以上
ダウンパワー
400dp以上
ダウンパワー
440dp以上
ダウン混率
50%以上
ダウン混率
80%以上
ダウン混率
90%以上
ダウン混率
93%以上
安さ重視 最低ライン 睡眠の質重視 最高級の品質

また、ラベル毎に定められた最低基準をクリアしているかだけでランク付けがされていますので、「同じラベル=同じ品質」ではないことにも注意が必要です。

例えばゴールドラベルは側生地については評価の対象外です。側生地に何を使うかで羽毛布団の寝心地は大きく変わります。

ゴールドラベルは第三者機関できちんと検査がされているという安心感と、品質の目安としてご利用ください。

ポイント 5.

ゴールドラベルが付いているから高品質とは限らない。目安はロイヤルゴールドラベル以上。

ふとんに入るのが楽しみになる羽毛布団を。

羽毛布団の選び方は奥が深く、より詳しく知りたい方は、関連記事で詳細を解説していますのでご覧ください。

健康の基本は毎日の睡眠。良い羽毛布団は人生を豊かにしてくれます。

和雲では、寒暖差の厳しい環境で長期間育った大きなダウンボールと、超長綿を使った独自のDown-Breathe®生地を使い、全ての製造工程を国内で行う「純日本製」にこだわった製品づくりを行っております。

高品質で長く使える羽毛布団をお探しであれば、是非ご検討ください。

和雲の羽毛布団を見る

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

メールアドレス登録で、睡眠力を上げる情報と送料無料クーポンをゲット!