羽毛布団を洗うなら、専門店の丸洗いクリーニング

CLEANING

3〜5年に1度は行いたい羽毛布団の丸洗いクリーニング

羽毛布団丸洗いクリーニング

和雲の羽毛布団は蒸れにくいDown-Breathe®側生地を利用しているため、普段のお手入れを少し気をつけていれば、頻繁にクリーニングをする必要はありません。

それでも何年か使用しているうちに、少しずつ汚れは蓄積します。側生地が目にみえて汚れてきたり、「最近ふかふか感がなくなってきたかな?」と感じたら、クリーニングをするサインです。

羽毛布団のクリーニングは、羽毛の取り扱いに慣れた専門店のクリーニングをご利用ください。

ご利用状況によりますが、和雲では3〜5年に1度のクリーニングをおすすめしております。

What is Cleaning?

丸洗いクリーニングとは?

羽毛布団を専用洗浄機で丸ごと水洗いすることを「丸洗いクリーニング」と言います。大量の水で洗うことでドライクリーニングでは落ちない水溶性の汚れも洗い流します。

ここが違う!専門店のクリーニング

和雲の丸洗いクリーニングが普通のクリーニングと違うポイント。

お肌に安心。100%天然石けんを使用

一般の布団クリーニングに使われる洗剤には合成界面活性剤が使用されているため、布団に残った成分が肌トラブルを引き起こすことがあります。和雲の丸洗いクリーニングでは、人と地球に優しい天然石けんを使用しています。肌の弱い方やお子様でも安心です。

汚れをきれいに洗い落とす。たっぷりの軟水洗浄

水道水やミネラルをたくさん含む水で洗うと、石鹸が水の中のカルシウムやマグネシウムと反応して「石鹸カス」に変化し、羽毛の汚れを十分に落とすことができません。石鹸カスは洗浄力を低下させるだけでなく、黄ばみやカビの原因にもなります。和雲の丸洗いクリーニングは、たっぷりの軟水で洗うことで石鹸カスの発生を抑え、細部まで汚れをきれいに洗い落とします。

他の布団と一緒に洗わない。個別の手洗い工程

普通の布団クリーニングでは、布団を丸めて紐でしばり、大きな洗濯機にたくさんの布団を並べて入れる「まとめ洗い方式」で洗います。効率が良いのでお値段は安くなりますが、水通しが悪く汚れが残りやすくなります。和雲の丸洗いクリーニングでは、1点1点の布団を手洗いする「個別手洗い方式」を採用。手間はかかりますが、布団を傷めることなく、汚れた箇所があれば集中的に洗うことができるので汚れも落ちやすくなります。他人の布団の汚れがうつることもないため衛生的です。

ダニを100%死滅。ヒノキの乾燥室

大量の軟水での洗浄・脱水が終わった後は、清潔なヒノキづくりの乾燥室で約2時間、70度~120度の温度で乾燥させます。クリーニングでわずかに生き残ったダニも、ここで死滅させることが出来ます。清潔でふっくらした羽毛布団の完成です。

サービスご利用にあたってのご注意
  • 丸洗いクリーニングは、和雲の羽毛布団オーナー様向けのサービスです。誠に申し訳ございませんが、他社様で購入された羽毛布団には対応しておりません。
  • クリーニング料金は、掛け布団1枚ごとに必要になります。
  • 羽毛布団の回収方法や日時については、本サービスのご購入完了後、個別にメールでご連絡をさせていただきます。
  • お預かりしてからお戻しするまで、1ヶ月以上お時間をいただく場合がございます。とくに5〜7月は混み合いますので、余裕をもってご依頼ください。
  • 検品でシミや激しい汚れなどがある場合はシミ抜き工程を行いますが、汚れやシミを完全に落とせない場合があります。
羽毛布団丸洗いクリーニング

丸洗いクリーニング

和雲オーナー様専用サービス

※税込価格です ※送料は1配送につき1,800円です