ご自宅で60日間お試しください。

いつもの寝室、いつものパジャマで
寝心地を体験いただけます。

60日間トライアル制度について
メディア掲載実績

空気をたくさん含むから、
ふんわりあたたかい。

WARMTH

あたたかい空気の層をつくる、寒暖差の厳しい環境で長期間飼育されたダウン

暖かいのに蒸れないダウンパワーの大きなダウンボール
同じ1グラムでの羽毛のかさ高比較。左から一般的な羽毛布団/和雲スタンダードモデル/和雲プレミアムモデル

良質なダウンには、湿度が高くなると閉じ、湿度が低くなると開く、調湿機能が備わっています。

特に「ダウンボール」と呼ばれる、ひとつひとつのダウンが大きい羽毛布団ほどたくさんの空気を抱えることができるため、湿度の調整能力や保温性能に優れます。

和雲の羽毛布団には、寒暖差の厳しい環境で長期間飼育された、ダウンボールの大きなダウンのみを使用。

ダウンボールが大きいためダウンどうしがよく絡み、空気の層を作ります。この空気の層の中にあたたかい空気の熱が蓄えられるため、ふんわりとあたたかいのです。

まるで天然のエアコンをまとっているような、快適な眠りをお楽しみください。

睡眠時の寝苦しさを和らげる、ノンダウンプルーフの側生地。

Non-Proof

「羽毛布団は蒸れる」というのは誤解

通気性の高いノンダウンプルーフの側生地

良質なダウンが持つ空調機能は、空気の出入りがあってはじめて発揮されます。

湿度が高くなるとダウンボールが閉じ、湿度が低くなるとダウンボールが開くことで布団の中の湿度や温度を調整する特性から、羽毛布団は「天然のエアコン」ともいわれます。

もしこの空気を出し入れするダウンがビニール袋で包まれていたら?

現在国内で売られている羽毛布団の側生地(がわきじ)のほとんどに、「ダウンプルーフ加工」という、生地の目地をつぶす加工がされています。

羽毛の吹き出しを防ぐための加工ですが、通気性が悪くなることで、布団の中が蒸れやすくなるデメリットも。

生地からダウンに空気を送り込めないと、どれだけ良いダウンを使っていても、そのパワーをフルに活かすことができません。

深い睡眠をとるためには体温を下げる必要があるため、人は寝ると必ず汗をかきます。

ダウンボールの大きい上質なダウンを使うことと同じかそれ以上に、ダウンを包む側生地が、睡眠の質を左右する存在になっています。

「あたたかくて蒸れない」を実現する、独自開発のダウンブリーズ生地

和雲の側生地には、ダウンの呼吸を邪魔するダウンプルーフ加工を行っておりません。

超長綿(※)の100番手という極細の綿を超高密度に編み込むことで、羽毛の吹き出しを防ぎながら、ダウンの呼吸を妨げない側生地の開発に成功しました。

ポリエステルの生地と比べると6倍、綿100%の生地と比べても4倍という通気度を実現しながら、羽毛の吹き出し検査でも、10,000回サンプルを痛めつけて3本程度の小さなダウンファイバーが抜ける程度。

※超長綿とは、全綿花のうち1.7%しか収穫されない「綿のカシミヤ」と呼ばれる繊維の長い高級綿のこと

超長綿100%のダウンブリーズ生地は、通常の綿100%の生地より約38%も軽く、ダウンボールのふくらみを邪魔しません。同じダウンでも、この側生地に入れるだけでよりたくさんの空気を含むことができ、よりあたたかくなります。

ダウンのエアコン性能を最大限引き出すことができるため、暑いときは涼しく、寒いときは暖かいという、魔法のような寝心地に。

寝汗から生じる湿気をダウンが吸収し、余分な湿気は布団の外に逃すため、汗が蒸発するときの寝冷えも防ぎやすくなります。

和雲の側生地には、日本のものづくりの精神と、縫製職人の高い技術が詰まっています。

極細の糸で丹念に編み込まれた生地は、驚くほど軽くてしなやか。これまで経験したことのない蒸れにくい眠りをお約束します。

寝返りを邪魔しない、
雲のような軽さ。

LIGHTNESS

寝返りを邪魔しない雲のような軽さ

一晩に20〜30回も行う寝返りは、背中の湿気を逃し、身体の一箇所に負担が集中することを防ぐ、大事な儀式。

腰痛持ちの人には「寝返りが少ない」という方が少なくありません。NHKの「ためしてガッテン」でも、腰痛解消のために寝返りを増やすことが推奨されています。

寝返りを邪魔しない雲のようなふわふわ感は、一度経験したらもう戻れません。

「超軟水」と「150℃高温殺菌」は清潔さへのこだわり。

CLEANLINESS

業界基準の4倍まで洗浄した臭わない羽毛布団

赤ちゃんでも安心して利用できる羽毛布団

羽毛は水鳥から採取される天然素材のため、原毛には汚れや脂分など様々なものが付着しています。

そのため、汚れを十分に落とす前に製品化してしまうと、いやな臭いが残ることがあります。

あまり知られていませんが、日本で1年間に販売されている羽毛布団130万枚のうち、洗浄工程を日本で行っている羽毛布団はごくわずかです。

中には海外で1度だけ洗浄したものを輸入してそのまま日本で販売しているケースもあります。

そのような羽毛布団は不衛生なだけでなく、汚れが残ったままのダウンボールは開きづらいため、ダウン本来の調湿性能や保温パワーを十分に発揮できません。

和雲の羽毛布団は国際的に厳しい基準と言われている日本のJIS基準の、さらに4倍の透明度になるまで洗浄しています。羽毛の綺麗さは日本最高レベルです。

毎日使うものだからこそ、清潔さに妥協はできません。

清浄度の比較
JIS基準 和雲
500mm以上 2,000mm以上

細部まで汚れを落とす、伊勢平野の乾燥した気候と超軟水

湿度が高くなるとダウンボールが閉じる特性から、羽毛の洗浄時にダウンボールが閉じていると、いくら洗浄しても不純物が残ってしまいます。

細部まで汚れを取るには、常に乾いた気候が必要です。

洗浄に使う水の硬度も重要です。

鉱物が含まれたミネラル水や水道水でいくら洗っても、羽毛が完全に綺麗になることはありません。洗浄に使用する石鹸がカルシウムやマグネシウムと反応して石鹸カスになり、洗浄力が低下するためです。

羽毛に石鹸カスが残らず、目に見えない細かな汚れまで洗い流すためには、鉱物(ミネラル)をほとんど含まない「超軟水」で洗う必要があります。

洗浄前と洗浄後の羽毛
汚れが付着している洗浄前の羽毛(左写真)と細部まで綺麗になった洗浄後の羽毛(右写真)

乾燥した気候と硬度の低い超軟水をふんだんに蓄えている土地は、全国でもごく限られた場所にしかありません。それが伊勢平野です。

伊勢平野
硬度の低い水が流れる伊勢平野

和雲が最高レベルに清潔な羽毛布団をつくることができる秘密は、羽毛を洗浄する伊勢平野の乾燥した気候と、鉱物をほとんど含まない「超軟水」(※)にあります。

※三重県大台ケ原山系の地下軟水

殺菌・消臭効果を高める「150℃高温殺菌」

羽毛の洗浄工程では120℃で20~25分かけて乾燥させるのが一般的ですが、和雲の洗浄工程では150℃の高温で短時間で一気に乾燥させます。

乾燥に時間をかけないことで羽毛に負荷をかけずにすみ、濡れた羽毛にわずかに残っていたアカが剥がれ落ちる効果や、高温による殺菌や消臭の役割もあります。

臭いの元となる有機物がほとんどない、赤ちゃんでも安心して利用できる清潔な羽毛布団をお届けします。

匂いのない羽毛布団

シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングの羽毛布団

シングルからキングサイズまで

S(シングル)、SD(セミダブル)、D(ダブル)、Q(クイーン)、K(キング)の5サイズからお選びいただけます。

和室、ベッドマットレスどちらでもご利用いただけます。

本掛け、合い掛け、肌掛け布団

季節に合わせて選べる、
3つの厚みの掛け布団

1枚で冬用に使える本掛け布団、春秋用にちょうど良い合い掛け布団、夏用に使える薄い肌掛け布団の3種類をご用意しました。

合い掛けと肌掛けを2枚揃えれば、二枚合わせ羽毛布団としてオールシーズンお使いいただけます。

羽毛布団の使用時期目安

羽毛布団の春夏秋冬シーズン別使い分け

※一戸建て・マンションなどお住まいの環境や体質、お住まいの地域により適した厚みは異なります。

和雲の専用羽毛布団収納ケース

専用収納ケースに入れて
お届けします。

贈り物にもふさわしい、型崩れしにくい収納ケースでお届けします。

底鋲(そこびょう)と取っ手付きなので、滞在先への持ち運びも便利です。

Japan Quality

「純日本製」の品質

洗浄と精製を海外で行っていても、最終工程を国内で行えば日本製として販売可能な中、和雲の羽毛布団は全ての製造工程 を国内で行う「純日本製羽毛布団」です。

洗浄

日本国内での洗浄

厳しい日本の衛生基準のさらに4倍の清潔さ

精製

日本国内で精製

有資格者の目で良質なダウンのみを選別

縫製

縫製も国産

熟練の職人が手作業で行う丁寧な縫い付け

PREMIUM MODEL

原産地証明書

最高級の証。
プレミアムゴールドラベル取得。

プレミアムゴールドラベル

本製品は日本羽毛製品協同組合が発行する品質推奨ラベルの中で最高級の羽毛布団にだけ発行される「プレミアムゴールドラベル」を取得しています。

ゴールドラベルは国際羽毛協会(IDFB)に登録されている試験機関で試験され、日本羽毛製品協同組合が定める基準に合格した羽毛布団にのみ発行されます。

Size

150 210
S

シングル

170 210
SD

セミダブル

190 210
D

ダブル

210 210
Q

クイーン

230 210
K

キング

単位(cm)

横スクロールで全サイズがご覧いただけます

Spec

商品名 和雲プレミアムモデル
製造国
( 洗浄 / 精製 / 縫製 )
日本( 製造工程の開示
原産地・種類 ポーランド産マザーグース
ダウン率 95%
ダウンパワー 440dp
清浄度 2,000mm以上(
酸素計数 1.6mg
側生地

インド超長綿100% 100番手平織り(ノンダウンプルーフ)

通気度6.47cc 重量85g/㎡

充填量

本掛け  S: 1.00kg / SD: 1.15kg / D: 1.30kg / Q: 1.45kg / K: 1.60kg

合い掛け S: 0.60kg / SD: 0.70kg / D: 0.80kg / Q: 0.90kg / K: 1.00kg

肌掛け  S: 0.20kg / SD: 0.25kg / D: 0.30kg / Q: 0.35kg / K: 0.40kg

使用上の注意
  • ・到着時は空気が抜けた状態ですが、収納ケースから取り出してしばらく空気にさらしておくと、元のかさに戻ります。
  • ・ご使用の際は、側生地の傷みや汚れを防ぐため、必ず掛け布団カバーをつけてご利用ください。
  • ・詳しい羽毛布団の取り扱い方についてはこちら でご覧いただけます。

※河田フェザー株式会社の検査データより
※品質表示の見方については熟睡できる羽毛布団の選び方 をご参照ください

ご自宅で60日間お試しください。

いつもの寝室、いつものパジャマで
寝心地を体験いただけます。

60日間トライアル制度について
お届けについてのご注意事項
  • 作り立ての品質をお届けするため、和雲の羽毛布団はオーダーいただいてから工場でひとつひとつ羽毛の充填・縫製を行う受注生産品です。
  • ご注文後、お届けまで通常2~3週間ほどお時間をいただいております。ご用意ができましたらメールで最短のお届け日をご連絡させていただきます。お届け希望日時がある方は、その際にお申しつけくださいませ。
  • ご注文後の無料保管サービス(最大2ヶ月間)もございます。お急ぎの方はお早めにご注文ください。
純日本製羽毛掛け布団「和雲」プレミアムモデル

純日本製羽毛掛け布団「和雲」プレミアムモデル

PREMIUM MODEL

※サイズと厚みを選択すると価格(税抜)が表示されます