疑問を解消!
羽毛布団Q&A

羽毛布団は夏も涼しいと聞きましたが本当ですか?

羽毛布団Q&A

半分間違いですが、半分本当です。

いくら冷房を効かせても、日本の夏に冬用の羽毛布団を使うのはさすがに暑すぎます

良いダウンには布団の中を蒸れないように保つ特性はありますが、室温や部屋の湿度よりも涼しくすることはできません。

夏に涼しく寝るために

適度な保温性を持ちながら夏にも涼しく寝るためには「夏用羽毛布団」がおすすめです。

夏用羽毛布団とは

夏用羽毛布団とは夏用に羽毛の充填量を少なくした薄い羽毛布団のことです。肌掛け羽毛布団や夏掛け羽毛布団、ダウンケットとも呼ばれます。

ダウンの特性上、夏はダウンが閉じて布団の中の熱を外に放出しようとしますので、通気性が良くなり涼しく感じます

夏用羽毛布団は夏しか使えないわけではなく、実は春秋シーズンにも活躍する使い勝手の良い掛け布団です。

涼しい季節になってくると、今度はダウンが開いてたくさんの空気で保温してくれるため、暖かく感じるのです。ダウンは本当に奇跡のような天然素材です。

羽毛布団と普通の布団の違い

羽毛布団の温度調節の仕組みや普通の布団との違いに興味がある方は、記事下の「羽毛布団はなぜ暖かいのか。奇跡の温度調節の仕組み。」をお読みください。

羽毛布団の側生地には、羽毛の吹き出しを防ぐために「ダウンプルーフ」という通気性が悪くなる加工がされています。特に夏はこれが蒸れの原因になります。

夏用羽毛布団は側生地の通気性で涼しさが大きく変わりますので、羽毛布団を選ぶときは側生地の素材や通気性を必ずチェックしましょう。

生地の通気性は「通気度(cc/s)」で表され、数字が大きいほど通気性が良いことを意味します。

通気度(cc/s)の目安
ポリエステル(ダウンプルーフ有)生地 綿(ダウンプルーフ有)生地 和雲Down-Breathe®生地
0.5~1.0 1.5~2.0 6.5

側生地がポリエステル混だと、汗による湿気をダウンがうまく吸収・発散することができず、布団の中が蒸れてしまいます。特に夏用羽毛布団の側生地は、汗を吸収し、通気性も良い綿100%が鉄則です。

和雲の側生地は、超長綿100%で作った独自の「Down-Breathe®生地」を使用しているため、蒸れの原因となるダウンプルーフ加工を施していません。そのため通気度は抜群です。

和雲の夏用羽毛布団

最近の日本の夏は危険なほどの暑さで、連日寝苦しい夜が続きます。

暑くてなかなか寝つけなかったり、寝汗で夜中に目が覚めることが続く場合は、無理せずエアコンを朝までつけっ放しにしましょう。睡眠のことを考えると設定は26~27℃がおすすめです。

こちらの記事もおすすめです

メールアドレス登録で、睡眠力を上げる情報と送料無料クーポンをゲット!