疑問を解消!
羽毛布団Q&A

二枚合わせ羽毛布団の使い方がわかりません。

2枚の羽毛布団を季節によって使い分けながら、冬はホックで連結してあたたかく使います。

二枚合わせ羽毛布団とは、夏用の肌掛け布団と、春秋用の合掛け布団がセットになった羽毛布団のことです。

夏は薄い肌掛け布団として使い、春秋シーズンは中ぐらいの厚みの合掛け布団、冬は二枚を重ねてホックなどで連結し、冬用の本掛け羽毛布団のように使えることが特徴です。

二枚合わせ羽毛布団の使い方

連結時は、2枚の掛け布団全体を1つの掛けカバーで包みます。

二枚合わせ羽毛布団はどっちが上?

二枚重ねて使う時の順番は、「肌」掛けという呼び名から肌掛けが下だと思っている方も多いのですが、合掛けを下、肌掛けを上にするのが正解です。羽毛の量が多い方の布団を体に近づけることでより保温性が高くなり、布団の中の湿度調節もしやすくなります。

1年中使える羽毛布団

二枚合わせ羽毛布団には、デメリットもありますが、季節に合わせて使い分けながら1年中使えるという大きなメリットがあります。

二枚合わせ羽毛布団のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ・1年中使える
  • ・収納スペースが節約できる
  • ・本掛け1枚分の値段で2枚買える
  • ・1枚よりも生地の分重くなる
  • ・ホックで止めないとずれる

冬用羽毛布団の場合、使わない時期はずっとクローゼットを占領しますが、二枚合わせの場合は常にどちらかの布団は使用しているため、その分の収納スペースを節約できます。

二枚を合わせた金額は、本掛け羽毛布団一枚分と同じ程度であることが多く、冬用羽毛布団一枚分のお値段で購入できるのもうれしいポイントです。

寒がりの方は「本掛けと肌掛け」のセットもおすすめ

二枚合わせ羽毛布団には、スタンダードな「合掛け+肌掛け」の他に、「本掛け+肌掛け」「合掛け+合掛け」のセットも存在します。連結すると本掛けよりも厚みがでるので、冬に毛布が手放せない寒がりの方に人気です。

それぞれの布団にはホックか紐を通すループがついているため、きちんと連結すれば眠っている間にずれないようになっています。

ループに付属のホックを通して連結
ループに付属のホックを通して連結

単品購入だとホックが付属しないので注意

二枚合わせ羽毛布団の連結に必要はホックは、単品購入には含まれていません。必ずホックの付属する二枚合わせのセットを選ぶようにしましょう。

二枚合わせ羽毛布団の連結に必要なホック
二枚合わせ羽毛布団の連結に必要なホック

二枚合わせ羽毛布団の一番のデメリットは、生地の分、全体の重量が重くなること。

二枚合わせ羽毛布団を選ぶときは、できるだけ軽い側生地を使った羽毛布団を選ぶと、重さの違いを感じづらくなります。

本掛けだけにするか二枚合わせにするか悩む場合は、こちらの記事が参考になります。

春と秋も快適!季節にあわせた羽毛布団の選び方
春と秋も快適!季節にあわせた羽毛布団の選び方

こちらの記事もおすすめです

メールアドレス登録で、睡眠力を上げる情報と送料無料クーポンをゲット!