疑問を解消!
羽毛布団Q&A

羽毛布団のラベルの違いを教えてください。

羽毛布団Q&A

4つの品質基準により4つのランクに分かれていますが、もっとも見るべきは「ダウンパワー」です。

日本羽毛製品協同組合が発行している4つのゴールドラベルには、「ダウンパワー」「ダウン率」「清浄度」「酸素計数」という4つの品質基準がありますが、その中でもっとも見るべきは「ダウンパワー」です。

ゴールドラベルの4つの品質基準
ダウンパワー ダウン混率 清浄度 酸素計数
300~440dp以上 50~93%以上 500mm以上 4.8mg以下

少なくともエクセルゴールドラベル、睡眠の質を重視する場合は400dp以上のロイヤルゴールドラベル、最高ランクを求めるなら440dp以上のプレミアムゴールドラベルがおすすめです。

ゴールドラベルの違いと品質の目安
ニュー
ゴールドラベル
エクセル
ゴールドラベル
ロイヤル
ゴールドラベル
プレミアム
ゴールドラベル
ニューゴールドラベル エクセルゴールドラベル ロイヤルゴールドラベル プレミアムゴールドラベル
ダウンパワー
300dp以上
ダウンパワー
350dp以上
ダウンパワー
400dp以上
ダウンパワー
440dp以上
ダウン混率
50%以上
ダウン混率
80%以上
ダウン混率
90%以上
ダウン混率
93%以上
安さ重視 最低ライン 睡眠の質重視 最高級の品質

日本羽毛製品協同組合HPより

羽毛の清潔さを示す「清浄度」と「酸素計数」は4つのラベルで全て同じ基準値です。

この数値は普通に洗浄していればクリアする数値で、ゴールドラベルの基準は最低限のラインを表しているに過ぎません。

メーカーによってどの程度まで洗浄にこだわるかのスタンスが違いますので、同じラベルの羽毛布団でも実際の清潔さは異なります。

羽毛布団の臭いが気になる方は、ラベルではなく、清浄度や酸素計数などの清潔さを表す数値を販売担当者に確認して比較するようにしてください。

ダウン率についても、ダウン率が50%未満だと羽毛布団ではなく羽根布団という扱いになってしまいますので、50%以上であることは当たり前。羽毛布団の本当の良さを実感できるのはダウン率90%以上が目安です。

ダウン率だけでは品質の違いがわからないのは、ダウン率が高いにも関わらずダウンパワーが低い場合があるからです。この場合は羽毛の品質が低いことが疑われます。

逆に言うと、ダウンパワーが高いのにダウン率が低いということはあり得ません。

詳しくは「ダウン率はどのくらいが良い?4つの基準値を比較」をご参照ください。

羽毛布団は使われるダウン1つ1つが大きいほどふくらみやすく、ダウンどうしがよく絡み、たくさんの空気を含むことできて、あたたかくなります。

ダウンの大きさ、ふくらむ力を直接表している数値がダウンパワーです。

羽毛布団のラベルの違いを見るときは、ダウンパワーで判断することが大切です。

こちらの記事もおすすめです

メールアドレス登録で、睡眠力を上げる情報と送料無料クーポンをゲット!